子宮・卵巣元気UPストレッチ

カラダの節々を伸ばしながら、様々なトラブルを改善していくエクササイズがあります。

その中でも子宮・卵巣などへの血流を促し、ウエストに働きかけてスタイルアップまで叶う簡単ストレッチを紹介します。

「肝心要」 という言葉があります。

この「要」というのは、人のカラダを支えている「腰」= 最も重要な部分を指します。

したがって腰骨が歪めば、そこから付随している脊柱(背骨)が湾曲して姿勢が崩れていきます。

これは脚の長さの違いにまで影響し、様々な筋肉に負担がかかってきます。

このような状態が長引くと、凝りや痛みが起こり贅肉までつく原因にもなってくるのです。

そこで、均整の取れた美しいスタイルを取り戻すと同時に、婦人科系や腸などの臓器へ刺激を与えるストレッチを試してみてください。

・仰向けに寝て、足元の下へ枕2~3個分の高さのクッションを置きます。
(なければ、ふとんを重ねてもかまいません。)

手のひらは、下に向けて伸ばしておきます。

この状態で息をゆっくり吐きながら、グゥ~ッとできるだけ高く腰を持ち上げます。

5~10秒ほど静止したら、ゆっくりと腰を下ろします。

これを3~5回、朝と夜に行ないます。

毎日続けることで、子宮・卵巣が元気になり美しいウエストラインを導くことができます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP