一歩一歩・・・

古くから伝わる東洋思想に、「五行論」 があります。

この世の自然界の成り立ちを、木、 火、 土、 金、 水、 (五行) に分類し、それらに人の体や心を当てはめる方法論で、東洋医学の基本理念にもなっています。

たとえば、私たちのカラダは大きく、
「肝・胆」、「心・小腸」、「脾・胃」、「肺・大腸」、「腎・膀胱」
に分類されます。

次に感情については、、
「怒り」、「喜び」、「思い」、「憂い・悲しみ」、「恐れ・驚き」
の 五つ の情動が繰り返し起こります。

そして味覚といえば、
「酸味」、「甘味」、「苦味」、「辛味」、「塩辛味」
の 五つ が感じられます。

これらはすべて、互いに相関しており、

・「怒り」 を抱えている人は、「酸味」 を好む傾向にあり、
「肝臓・胆嚢」 に影響する
・「喜び」 勇んでいる人は、「甘味」 を摂りすぎ、「心臓・小腸」 を
痛める傾向にある
・「思い煩う」 人は、「苦味」 を欲し、「脾臓・胃」 の働きを弱める
・「憂い悲しむ」 人は、「辛味」 を食し、「肺・大腸」 を悪くする
・「恐れ驚き」 の激しい人は、「塩辛い」 ものに依存し、
「腎臓・膀胱」 に支障をきたす

……………………………………………………………..

そんな教訓より、人というのは 行動・言動・情動 すべてにおいて、
過ぎたるは及ばざるが如し ・・・ 行き過ぎ足りな過ぎはよくない
中庸(ちゅうよう) ・・・ 何でもほどほど丁度よい具合に
という教えがあります。

欲張り過ぎずほどほどに歩を進め、心地よい毎日を過ごしていきたいものですね・・・。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP