子宝に味噌汁

日本の伝統食品である味噌は大豆を発酵させているため、腸の働きを整えて血液をサラサラにする作用があります。
そして味噌汁に入れる具材は、野菜や海藻などミネラル・ビタミン成分が豊富に含まれているため、これを毎日摂ることで便秘が解消し、肌ツヤもよくなり、慢性的な冷えまで改善できます。

昭和の中頃、たくさんの子供たちが並んでちゃぶ台を囲み、ご飯に味噌汁をかけ込む食卓の光景が目に浮かびます。
味噌汁は、日本人の体と心を養う原点と言えるのです。

「わたしの体は、その日食べたものからできている」

毎日の食事、改めて見直したいものですね・・・。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP