気になるセルライト除去

私たちのカラダには、内蔵や筋肉に付着している脂肪があります。
これらは、クッション断熱の役割りを果たしたり、飢餓のために備えてエネルギーを貯えます。
脂肪細胞には、「褐色細胞」 と 「白色細胞」 の2つがあります。
「褐色細胞」 は体温調節の時に活躍し、「白色細胞」 は運動時に燃焼されます。

次に、「セルライト」 についてご説明しましょう。

カラダの流れが滞ると、毛細血管から染み出たリンパ液の中の老廃物が、皮下脂肪に付着します。
この状態を放置したままにしておきますと、徐々に老廃物の結節(固まり)をつくっていきます。
これが 「セルライト」 と呼ばれるものです。
「セルライト」 が溜まってくると、その周りの皮下組織にまでダメージを与え凸凹になり、痛みをも伴ってきてしまいます。
一度形づくられてしまうと、なかなか落ちにくいとされます。
では、この頑固な 「セルライト」 を退治するためには、どのようにしたらよいのでしょう…?!

1.まず最初に、汗ばむぐらいに気になるところを温めます。

2.次に、刺激の加わる強いマッサージをしてください。

3.そして最後に、30分以上の有酸素運動を行いましょう。

よく、運動した後にマッサージをされる方がいらっしゃいますが、これは疲労した筋肉をクールダウンするには有効です。
しかし、セルライトを除去するのが目的である場合には、しっかりとほぐした上で、細胞や組織へ十分な酸素や栄養を送り込んで燃焼するための 「有酸素運動」 が不可欠です。
お風呂に浸かってカラダを十分に温めたら、気になるところを強く揉んで刺激を加えた上で、ウォーキングやジョキングに勤しんでみてください。
平日朝風呂に入ってマッサージしてから、通勤時の満員電車に揺られるのも脂肪燃焼には有効と言えます。

太り過ぎは自律神経の機能やホルモン調整を乱ますので、体重の気になる方はお風呂やマッサージ、運動によって徐々にコントロールしていきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP