妊活トリートメント

 

インドには4千年以上昔より、アーユルヴェーダ(生命の科学)という医学思想があります。

その理論は、カラダの流れが悪くなると様々な病気やトラブルを引き起こす、という考え方に基づいています。

今でいう、「毒素排泄健康法 = デトックス」 のルーツです。

インドの病院にはアーユルヴェーダ科という専門科があり、医師が問診・舌診・脈診などを行って、その方に合った治療法を施します。

中でも、薬草を調合し煮立ててオイル状にし、マッサージをする「アビャンガ」と呼ばれる施術は、古くから重宝されています。

1人の患者さんに対し、施術者が2~3人ついて同時に施すのですが、息の合った感触や温かなオイルの感覚はとても心地よく、リラックスを誘います。

そして、マッサージオイルの基本となるのが「ゴマ油」です。

その成分には 「リグナンやセサミン」 など、老化(酸化)防止や毒出し(老廃物排出)作用などがあることが最近の研究で分ってきました。

体の気・血・水(経絡・血液・リンパ液)の流れをオイルマッサージによって促しながら、病気の巣を退治し、健康長寿を導くデトックス法です。

そして後に西に伝わり、アロマテラピーへと発展していきます。

私はもう20年以上も前、インドのニューデリーの病院にて「アビャンガ」の研修を行いましたが、その頃は施設などが少なく、公園の炎天下の元、ゴザを敷いてオイルマッサージを施していた光景が印象に残っています。

こうした経験から、アスカクリニカルサロンでもセサミンオイルをベースにした毒だしリンパトリートメントを行っております。

施術を受けられますと、カラダが芯から温まり、リンパ・血流が改善され、心身ともに軽やかになります。

健やかな心身を回復して元気を取り戻したい方は、ぜひ体験にいらしてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP